キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者講習について : 監理技術者の方法

監理技術者講習について

監理技術者の方法

公共工事や重要な民間工事に配置される監理技術者は監理技術者講習の受講が義務づけられています。

サイトトップ → 監理技術者講習について

監理技術者講習について

監理技術者として現場に配置される場合、次のような規定が定められています。

監理技術者資格者証を所持した所属会社の社員である技術者の内、5年以内に受講済みの監理技術者講習修了証を所持していること。

資格者証と講習終了証は携帯しておき、発注者の求めに応じていつでも提示できるようにすること。

平成16年3月から、資格者証取得の要件から講習受講義務が外されました。

また、講習実施期間は指定制から登録制に変更になりました。

したがって従前講習を実施していた期間は資格者証の発行のみとなりました。

平成20年11月から、それまで公共発注工事のみに課せられていた5年有効の講習終了証所持と提示義務は、民間工事においても経過措置なく適用されるようになりました。

監理技術者講習で実施される講習科目は次の通りです。

建設工事の工程管理/施行計画の作成/品質管理/その他の技術上の管理。

建設工事に関する法律制度。

建設工事に関する資機材及び施工方法/最新の材料。

修了試験。

最新情報

Copyright (C) www.midlifecareerpath.com. All Rights Reserved.