キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者に必要な資格の一級建設機械施工技士について : 監理技術者の方法

監理技術者に必要な資格の一級建設機械施工技士について

監理技術者の方法

監理技術者に必要な国家資格の内の一つに一級建設機械施工技士があります。

サイトトップ → 監理技術者に必要な資格の一級建設機械施工技士について

監理技術者に必要な資格の一級建設機械施工技士について

監理技術者に必要な資格の一つである一級建設機械施工技士は、施工管理技士国家資格のうちの一つでもあります。

一級建設機械施工技士は工事規模により施工計画、施工指導、施工監督するための資格と言えますので、監理技術者としての役割を果たすことができます。

一級建設機械施工技士の実技試験は次のうちの2種類を受けることになります。

トラクター系建設機械操作施工法、ショベル系建設機械操作施工法、モーターグレーダー操作施工法、締固め建設機械操作施工法、舗装用建設機械操作施工法、基礎工事用建設機械施工法、建設機械組合せ施工法があります。

一級建設機械施工技士の受験資格は次の通りです。

学歴が大卒の場合、指定学科では指導監督的実務経験が3年以上、指定学科以外では指導監督的実務経験が4年6ヶ月以上が必要です。

短大・高専卒の場合は指定学科では指導監督的実務経験が5年以上、指定学科以外では指導監督的実務経験が7年6ヶ月以上が必要です。

高卒の場合は指定学科では専任の主任技術者の実務経験が4年6ヶ月以上、指導監督的実務経験が10年以上、指定学科以外では専任の主任技術者の実務経験が9年6ヶ月以上、指導監督的実務経験が11年6ヶ月以上が必要です。

これらの学歴によらない場合は専任の主任技術者が13年以上、指導監督的実務経験が15年以上必要になります。

最新情報

Copyright (C) www.midlifecareerpath.com. All Rights Reserved.