キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者に必要な資格の一級建築施工管理技士について : 監理技術者の方法

監理技術者に必要な資格の一級建築施工管理技士について

監理技術者の方法

監理技術者に必要な国家資格の内の一つに一級建築施工管理技士があります。

サイトトップ → 監理技術者に必要な資格の一級建築施工管理技士について

監理技術者に必要な資格の一級建築施工管理技士について

建築施工管理技士は施工管理技士国家資格のうちの一つです。

一級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者、並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び管理技術者の有資格者として認められています。

大規模工事や公共性のある重要な5000万円以上の建築一式工事または2500万円以上のそれ以外の工事では一級建設施工管理技士の資格を持つ主任技術者、監理技術者を専任で置く必要があります。

建築施工管理に関しては一級建築士、一級建築施工管理技士のみが工事規模の上限が存在しません。

そのうちの一級建築施工管理技士は施工過程における施工計画、工程管理、品質管理、安全管理に重点を置きます。

建設分野は業種も数多く存在し、一級建築施工管理技士は施工管理のスペシャリストとして認識されており、監理技術者として業務が可能な限り職種に違いがあります。

最新情報

Copyright (C) www.midlifecareerpath.com. All Rights Reserved.